不注意:0

多動性:0

過集中:0

側頭葉:0

辺縁系:0

火の輪:0

ADD(注意欠陥障害)の可能性は低いようです。

いずれのタイプに該当しても(正常、との結果が出たとしても)、大切なのはこのADD(注意欠陥障害)あるいはADHD(注意欠陥多動性障害)と呼ばれる症状に対して、真剣に向き合い、過不足のない認識を持つことです。このページでの診断結果が医学的に正しいという保証はできません。まずは正確な知識を得ることを心がけ、心配なことがあれば専門家に相談することをお勧めします。
Yahoo!カテゴリ:注意欠陥多動性障害



「わかっているのにできない」脳〈1〉エイメン博士が教えてくれるADDの脳の仕組み

「わかっているのにできない」脳〈2〉エイメン博士が教えてくれるタイプ別ADD対処法