不注意:11

多動性:4

過集中:3

側頭葉:6

辺縁系:4

火の輪:4

側頭葉型ADD(注意欠陥障害)は、多くの場合、深刻な行動上の問題を伴います。ADDの人で、かんしゃくを起こしやすく、機嫌がころころ変わり、LD(学習障害)が重なっていて、記憶力が悪い人にこのタイプが多いようです。

いずれのタイプに該当しても(正常、との結果が出たとしても)、大切なのはこのADD(注意欠陥障害)あるいはADHD(注意欠陥多動性障害)と呼ばれる症状に対して、真剣に向き合い、過不足のない認識を持つことです。このページでの診断結果が医学的に正しいという保証はできません。まずは正確な知識を得ることを心がけ、心配なことがあれば専門家に相談することをお勧めします。
Yahoo!カテゴリ:注意欠陥多動性障害