あらっぽい運転をしていませんか

不必要に、車線変更や追い越しなどをくり返す傾向がうかがえます。

あなたにこころがけていただきたい安全運転は

何度も車線変更や追い越しをしても、それほど早く目的地につくわけではありません。危険をおかしても大して得にはなりませんから、着実な運転をこころがけましょう。

イライラ運転をしていませんか

他の運転者や歩行者などに対してイライラしやすく、ストレスの高い状態で運転をする傾向がうかがえます。

あなたにこころがけていただきたい安全運転は

最初から進路をゆずる気持ちでいるとイライラしません。また、横断しようとする歩行者がいるときは、安心して道路を渡れるように待ってあげましょう。渋滞する場所や時間帯を避ける工夫をし、気分転換やリラックスした運転をしましょう。

判断に迷ったままの運転をしていませんか

バックで駐車したり、右折や合流時のタイミングを判断するときに、自信がもてないままの運転をする傾向がうかがえます。

あなたにこころがけていただきたい安全運転は

運転操作に自信がない人は、速度をひかえめにした慎重な運転が必要です。判断に迷ったり状況把握が遅れがちな人は、まず相手に進路をゆずること、そしてそれを相手にはっきり示すようにしましょう。


※速度にかかわらず、車に子どもを乗せるときは、チャイルドシートを使うようにしましょう!